Macbook Air 11インチの中古をレビュー!3週間使ってみた感想

パソコン

今回はメルカリにて中古のMacbook Air11インチを購入したので、3週間使ってみたレビューをしていきます。

ちなみに今回僕が購入したモデルはMacBook Air (11-inch, Early 2014)です。

2020年の今から約6年前のモデルですが、まだまだ現役。

興味のある方・購入をお考えの方は是非最後までご一読ください。

Macbook Air11インチを購入した経緯

愛用していたMacbook2015が壊れてしまった‼︎

実は今から半年ほど前にTwitterのプレゼント企画で頂いたMacbook(12-inch,Early 2015)を最近までメイン機として使っていました。

しかし最新のmac OS Catalinaにアップデートしてから電源が勝手に落ちるようになってしまい、全くもって使える状態ではないため、修理に出さなければいけなくなっちゃったんです…(泣)

保護ケースやキーボードカバーも着けて大切に扱っていたのに残念。

とは言えコロナ期間中の今は修理屋さんはやっていない。

そのため仕方なくメルカリにて安いMacbookを購入することを決意しました‼︎

Macbook Air(11-inch, Early 2014)を購入

購入したいと思っていたMacbookは2011年以降に発売されたMacbook ProもしくはAir。

今まではブログ記事作成やネットサーフィンにしかMacbookを使っていなかったけれど、これから動画編集などもしていきたいからスペックの高いモデルが欲しい。

だけどお金は金欠状態

お値段35000円以下で良さげなモデルはないか?メルカリを1日中見てました(笑)

そしたらなんと、MacBook Air (11-inch, Early 2014)30000円で出品されたのです‼︎

こいつのメルカリの相場は43000円くらいなので、いかに安いのかわかると思います。

もちろん程速攻購入しましたよ。

あと5秒購入が遅れていたら確実に売れていたでしょうね。

見せるのが遅くなりましたが今回購入したのはコレ↓↓

 

外観

内側

外側

アップルロゴはちゃんと光ります。

キーボード

キーボードはそこそこ厚さがあるので、打ちやすいです。

トラックパットは最新のMacbookよりも「クリックするのが固いなぁ〜」と印象を受けます。

エルジニア
エルジニア

慣れれば良いのだ‼︎

 

購入したMacbook Airの状態

メルカリに記載されていた「商品の説明・情報」

皆さんご存知の事だと思いますが、メルカリには出品者が出品物の説明を書く「商品の説明・情報」という箇所があります。

購入者はそれを読んで購入するか決めるわけです。

今回僕が購入したMacbook Airの「商品の説明・情報」は以下の通り。

商品の説明
機種名 Macbook Air(11inch-,Early 2014)
発売年 2014年
OS macOS Catalina
プロセッサ 1.4GHz デュアルコアIntel Core i5
メモリ 4GB
ストレージ SSD 121GB
グラフィックス Intel HD Graphics 5000
充電回数・バッテリー状態 100回程度・正常
付属品 充電器(純正)、mini displayport変換アダプタ、半透明保護カバー
補足 内蔵カメラが突然認識されないことがある。ビデオ通話に使いたい人は購入を避けた方が良い。
商品の情報
ブランド アップル
商品の状態 目立った傷や汚れなし
配送料の負担 送料込み(出品者負担)
配送の方法 らくらくメルカリ便
発送までの日数 2〜3日で発送

内蔵カメラが認識されなくなることを除けば、状態も良いしかなりお得ですよね。

だけどMacbook Airだから仕方ないんだけど、メモリ4GBはなぁ〜ちょっとキツいかな?

Macbook Airはメモリ増設できないからこれだけは心残り。

使ってみてわかった商品の状態

メルカリで購入した商品に「商品説明に書かれていない不備があった」なんて経験ありませんか?

相手も人間なので、自分の知っている範囲でしか商品説明は書けません。

そのため、商品が届いたら受け取り評価する前に自分で確認するのが大事‼︎

今回僕が購入したMacbook Airは状態は綺麗でしたし、しっかり動作しました。

またカメラが認識されないことがあると書かれていましたが、特にそのようなことは無かったです。

良かった〜(使わないけど)

ただ一つ、たった一つ商品説明には書かれていない不備を発見しました‼︎

なんとこのMacbook Airに搭載されているファンが少し壊れているんです。

回転はするのですがCPUの温度変化に合わせてファンも回転数を変えてくれるはずなのに、どんなにCPUの温度が上がったとしても回転数は変化なし。

ファンの最小回転数1200(毎分)最大回転数6500(毎分)に対して実際の回転数はどんなにCPUの温度が上がっても1280(少なすぎ!)

この状態のままではMacbook本体がフリーズしてしまうこともあるので、なんとかしなければいけません。

そのため「Macs Fan Control」というMacbookのファンの回転数をカスタマイズできるアプリをインストールしました。

これで、CPUの温度が高くなってしまった時にファンの回転数を増やせば良いわけです。

ベンチマークスコア

パソコンのベンチマークスコアを測れる「GeekBench4」を使ってベンチマークテストをしてみました。

CPU Benchmark

GPU Benchmark

Macbook Air 11インチの使用感をレビュー

今回購入した中古のMacbook Air(11-inch, Early2014)を1週間使ったので、気になる使用感を解説します。

起動・動作に問題なし

HDDじゃなくてSSDを搭載しているから起動も動作も高速です。

ネットサーフィンやyoutube視聴、ブログ執筆においても快適に動作します。

購入する前は「2014年のMacbook Airだから動作は遅いんだろうな〜」と思っていたけれど、普段使いは全く問題ありませんでした。

Macbookを侮ってはいけませんねぇ〜

簡単な動画編集ならば余裕

僕はyoutubeをつい最近始めたので、このMacbook Airを使って動画編集をしていくつもりです。

youtube始めたと言ってもmacbookの画面を録画してスライドショー的な感じの簡単な動画なんだけどね。

そんなわけで、5分程度のスライドショー動画を作ってみました。

作った動画はコレ↓↓

[速報]世界のコロナウイルス感染者数が400万人突破!パンデミックはまだまだ続く!?

結果として編集中はスムーズに動作しましたし、書き込み中のCPU使用率が上がりましたが、動作が重いとは感じられませんでした。

ちなみに書き込みにかかった時間は5分程度。

やはりこの程度の簡単な動画編集ならば問題ありませんね。

しかし、カメラを使ったヒカキンやはじめしゃちょーみたいな動画は絶対に作れません。

多分やろうとするとフリーズしちゃうと思います。

バッテリーの減りはちょっと早い

さすがに6年前のMacbookなので、バッテリーは購入時よりも劣化しています。

それでも「バッテリーの状態」「正常」と表記されていたので、バッテリーの交換はまだまだ考えなくて良さそう。

普通に使っていて4時間程度は持ちます。

少し短いと思うかもしれませんが、その分フル充電完了するまで時間が掛からないからOK。

びっくりするほど薄くて軽い

Macbookといえば物凄く軽くて薄いことで有名。

今は亡きスティーブ・ジョブズが初めてMacbook Airを紹介した時、薄い封筒の中からMacbook Airを取り出して観衆をビックリさせていました。

なんとこのMacbook Air11インチの厚さは0.3cm(最も薄い)〜1.7cm(最も厚い)

やばくないですか?最も厚いところでも2cmいかない‼︎

こんな薄いMacbook Airを2009年から作れたなんてアップルさん凄すぎ‼︎

本体がこんなに薄くてコンパクトなのですから、重量も軽いに決まっています。

なんと重量は経ったの1.32kg‼︎

軽いですね。これだからMacbookは持ち運び最強なんだよ。

ビックリするほど薄くて軽いので、Macbookを膝に置いてソファーやベットに座りながら使えちゃいます。

Macbookを置いている膝よりも座っているお尻の方が先に痛くなっちゃう(笑)

神経質になってしまい疲れる

ここまで今回購入した中古のMacBook Air (11-inch, Early 2014)を褒め称えましたが、一つ使っていて嫌になることもあります。

それはというと、Macbookってどうしても汚れやすく傷つきやすいこと。

少し壁にぶつけちゃったり、落としちゃったりするともうおしまい。

だから傷や汚れをつけないために、「慎重に扱わないと‼︎」いけない気持になってしまい精神的に疲れるんですよね。

僕と同じように神経質な方はケースやカバーを付けてMacbookを守りましょう。

まとめ

3週間使って、少し古いMacbookでもまだまだ使えるとわかりました。

特に重い作業をするわけじゃないなら、10万以上する新品買うより安い中古品を買うのもありですね。

最後まで読んでくださってありがとうございました。