Libero S10の実機レビュー!使ってわかった性能を徹底解説

端末関係

ZTE製のエントリースマホ「Libero S10」が2019年11月8日に発売されました。

新年明けてすぐにY!mobileでLibero S10をメインスマホとして新しく買ったので、この記事ではしばらく使ってみた感想レビューをお届けします‼

僕は中立的立場で評価をするので、このスマホの良い所、悪い所をしっかりレビューします。

Libero S10を買った経緯

僕自身、本当はandroidone S5を買うつもりでした。

その為、家の近くのヨドバシカメラに行って購入しようとしたところ、

なんとLibero S10がY!mobileの新春初売りセールで本体価格2200円で売っていたのです!!

しかも、購入でPayPay1000円貰えるので実質価格1100円!!

速攻Libero S10を買いました(笑)

ちなみにY!mobileではLibero S10とほぼ同価格でAndroid One S5というスマホが売られているので、どちらを買うべきかお悩みの方は下の記事をご覧ください。

Libero s10の詳細スペック

Libero S10のスペックを公式の発表を基に表で分かりやすく説明します。

基本情報
機種名 Libero S10
メーカー ZTE
発売日 2019年11月8日
重さ 165g
本体色 ネイビー(■)レッド()ホワイト
ディスプレイ TFT液晶5.7インチ
解像度 2,160×1,080(フルHD+)
システム
OS Android9Pie
CPU Qualcomm SDM450(オクタコア) 1.8GHz
GPU Adreno 506
メモリ+ストレージ
メモリ(RAM) 3GB
ストレージ(ROM) 32GB
マイクロSDカード 最大512GB
バッテリー
バッテリー容量 3100mAh
カメラ
メインカメラ 1300万画素/200万画素
サブカメラ 500万画素
手ブレ補正・軽減 あり
機能
イヤホンジャック あり
Bluetooth ver4.2
生体認証 指紋センサー
GPS あり
防水/防塵 IPX7/IP5X
本体価格/契約 Y!mobile公式サイトにてご確認ください。

Libero S10は低価格のスマートフォンでありながら、デュアルレンズ、指紋認証、大容量バッテリーを搭載しています。

ワイモバイルでほぼ同価格でかえるSharpのandroidone S5は指紋認識はなく、カメラは一眼レンズなので、非常にコストパフォーマンスに優れた機種です。

またCPUはSDM450でメモリは3GBなので、「3Dオンラインゲームが快適にできる」とまでは言いませんが、普段使いには十分なスマホです。

Libero S10の機種代金

Y!mobileからの購入の場合の契約方法ごとの機種代金は以下の通りです。

契約方法 スマホベーシックプラン 機種代金(税込)
のりかえ
ドコモ・au・MVNO スマホベーシックプランS/M/R 14400円
ソフトバンク スマホベーシックプランS/M/R 23760円
新規契約 スマホベーシックプランS/M/R 14400円
機種変更
スマホプラン スマホベーシックプランS/M/R 21600円
PHS スマホベーシックプランS/M/R 21600円

スマホベーシックプランのそれぞれの1ヶ月間におけるデータ容量は下記の表の通りです。のりかえ・新規契約の場合はデータ増量オプションに加入可能ですが、機種変更の場合は加入不可です。

プラン データ容量→加入後
スマホベーシックプランS 3GB4GB
スマホベーシックプランM 9GB12GB
スマホベーシックプランR 14GB17GB

付属品

付属品
スマホ本体
外箱
お願いとご注意(冊子)
クイックスタート(冊子)
SIMピン

付属品はほとんどありません。スマホ本体にはフィルムも貼られていませんし、充電器すらありません。

Y!mobileさん‼︎もう少しサービスしてよ‼︎

購入を考えている方は保護フィルム、ケース、タイプCの充電器を用意しておきましょう。

Libero S10のAntutuスコア

Libero S10のベンチマークスコアを知るために、Antutuベンチマークで測定しました。

スマートフォンやタブレットのベンチマークテストを行うにはこのアプリを使うことをお勧めします。

結果は下の画像の通りです。

項目 数値
CPU 38556
GPU 5726
MEM 18439
UX 20104
総合スコア 82825

結果からGPUが低い事がよく分かります。そのため2Dゲームなら問題なく遊べると思いますが、「cod mobile」「荒野行動」などの3Dオンラインゲームを快適にプレイするのは難しいでしょう。

ですが、ネット閲覧やYouTubeなどはストレスなく使えるので、ゲームをしない人にとってはメイン端末として十分役に立ちます。

3Dオンラインゲームをプレイしてみた

スマホでゲームをしたい人と思っている人もいると思うので、実際にプレイしてみました。

今回プレイするゲームは3Dオンラインシューティングゲームの「cod mobile」です。

かなり重いゲームなので低スッペクスマホではスムーズに動作しません。

Libero S10ではどうでしょうか?

グラフィックスを低にしてプレイしてみましたが、結構スムーズに動きます。

撃っている時はたまに一瞬重くなったりしますが、全然プレイできます。

グラフィックスを落として、起動しているアプリをプレイ中のゲームだけにしておけば3Dオンラインゲームでも問題なく動作できると分かりました。

3Dゲームのグラフィックスは下げたところでゲームにはなんの影響もないので下げるべし!!

デザインは悪くない

Libero s10は最新機種ですが、他のスマホと比べると前面のベゼル(ふち)が大きいです。

そのため、買う前にネットで確認した時は「少しださいなぁ」と思ったのですが、実際に使ってみると画面が大きいのでそこまで気になりません。

背面はデュアルレンズと指紋認証があるので見た目はカッコいいですが、最近のスマホは二つのカメラの間にライトがあるのに、Libero s10はライトがカメラの下にあるのがちょっと残念です。

値段の割にカメラは良い

Libero S10のメインカメラは1300万画素+200万画素のデュアルレンズです。

デュアルレンズなので、ただ写真を撮るだけでなくボケを追加したりできちゃいます。

写真をいろいろ撮ってみました。

写真をたくさん撮ってみて分かったのですが、このカメラは世界をそのまま撮ってくれます。

どういう意味かと言うと、最近のスマホって何の設定もしていないのに撮った写真を無駄に盛りませんか?

撮った写真を過度に綺麗にしたりなど現実逃避も甚だしい。

でもこのスマホのカメラは撮った物をそのままの様子で写真にしてくれます。

もちろん設定でアレンジもできますよ。

左:普通 中央:ぼかし(中) 右:ぼかし(大)

ぼかしは自分好みに設定できます。他にも様々な設定ができるのでメインカメラは優秀です。

メインカメラの悪い所を言うならば、シャッター音があまりにもうるさい。写真を撮る時に周りに人がいると恥ずかしい思いをするかも。

メインカメラの悪いところは、どのスマホカメラにおいても言える事なのですが、ズームすればするほど画像がボヤけてしまうのと、夜景があまり美しくない事です。

また、Libero S10には手ブレ補正機能があるので、歩きながらの動画撮影も問題なくできます。(この手ブレ補正は結構優秀です)

サブカメラであるインカメラ(自撮り用)は最新のスマホなのに500万画素と画素数が少ないですが、使えなくはないかなぁ〜という印象です。

あと、美顔調整機能もあるのですが、撮った後の写真を確認して見るとあまり反映されていませんでした。

自撮り大好きな人にはちょっと物足りないかも。

音質は良いが音量がおかしい

Libero S10で音楽を聴いたみたところ、音質はなかなか良いなぁと思いました。

音がこもったり、雑音がしたりは一切ありません。

しかし、音量設定で少しおかしな所があります。

音量を小から中に変更する上では何の問題も無いのですが、中から大に変えると音量がいきなりデカくなります!!

最大音量はあまりにもうるさいので、音量を大きくする際はご注意ください。

ディスプレイはとても綺麗

Libero S10のディスプレイはフルHDを搭載しており解像度が高いので、とても綺麗で目が疲れません。

写真やビデオを見る時も綺麗な画質で見ることができます。

スマホは良いがZTEはヤバイ会社

Libero S10を開発した会社は中国のZTE社ってことはもう皆さんご存知のことだと思います。

ZTEは高性能なスマホを多く製造しているシェアの高い大企業です。

しかし、2012年に発売したScore Mという端末にバックドアが仕掛けられていたという事件がありました。

このバックドアは中国国外のスマホ利用者の個人情報を盗み、中国政府に提供するために付けられた可能性が高いです。

今現在はもうそんなことはしていないと思いますが、これを機にZTEはセキュリティー面から考えて危ない会社だと広く知れ渡ることとなりました。

このような中国メーカーの海外に販売された端末にバックドアが仕掛けられていたというニュースはよく耳にしますよね。

最近では「Huawei」がそのようなことで騒動になりました。

「自分の個人情報を奪われたくない」とお考えの方は中国メーカーのスマホは買わないほうが良いでしょう。

バッテリー容量はあまり多くない

Libero s10のバッテリー容量は3100mAhなのでスマホの中では平均並みです。

そのため大容量とは言えません。

ですが普通に使っていれば2〜3日は持つので心配することはありません。

検証してみたところ画面の明るさを普通にし、バッテリー容量100%の状態からオンラインに繋いでYoutubeやTwitter、ネット閲覧をしましたが8時間もちました。

検証中はずっとオンラインに繋いでいたので、それで8時間もったのですから、バッテリーの減りを気にすることは無いと思います。(ゲームばっかりやるとキツイかも…)

まとめ

今回はY!mobileから発売されたZTE製のLibero S10を解説しました。

最後にこのスマホの良いところ・悪いところをまとめました。

①:低価格
②:指紋認証搭載
③:デュアルレンズ搭載でカメラが良い
④:ディスプレイがフルHDだから綺麗
⑤:防水・防塵
⑥:デザインがカッコイイ
⑦:音質が良い
⑧:最新機種
⑨:動画を手振れ補正してくれる
⑩:普段使いに十分なスペック・バッテリー容量
①:ベゼルが広い
②:インカメラの性能が低い
③:カメラがズーム・夜景に弱い
④:音量調整機能があまりよくない
⑤:セキュリティー面が不安
⑥:付属品が少ない

Libero S10は良いところ・悪いところ多々ありますが、低価格でありながら普段使いに十分な性能を発揮してくれるコストパフォーマンスに優れた端末だと分かって頂けたでしょうか?

買って損はないと僕は思います。

最後まで読んでくださってありがとうございました。